• 投稿日
  • 新発表:多機能かつ従来より低コストな 新世代 VPG Type が使用可能になりました

    こんにちは、プリンシパルエンジニアの松井です。

    2016年の SORACOM Connected.SORACOM Canal / Direct (VPG Type-C/D) が登場してから早くも4年半が経過しました。その間、様々なユーザ様のユースケースでご利用いただき、貴重なフィードバックもたくさんいただきました。

    本日、その4年目の回答として、新世代の VPG Type となる VPG Type-E / Type-F がリリースされました。

    その特徴などをご紹介したいと思います。

    VPG(Virtual Private Gateway) とは

    VPG を一言で説明すると、ユーザごと・用途ごとに独立したモバイルネットワークを構成するための基本となるコンポーネント、となります。モバイルネットワークを構成するためのパケットゲートウェイ装置を、(実質的に)自分専用に持つことができます。

    これまでも SORACOM CanalGateDirectDoor といったサービスをご利用になるにあたっては、VPG を作成してグループに割り当てることで、デバイスを閉域網に接続したり、Gate でデバイス間通信をしたり、と利用されていた方も多いでしょう。

    VPG に関する詳しい説明は、Virtual Private Gateway 開発者向けガイドをご参照ください。

    VPG

    新世代のVPG

    新世代の VPG Type は、インターネット接続に特化した VPG Type-E と 閉域網接続が可能な VPG Type-F の2つとなります。

    VPG

    VPG

    新世代のVPGはこれまでと何が違うのか

    新世代の VPG Type となる VPG Type-E / Type-F は、これまでの VPG Type である VPG Type-C / Type-D の後継となります。こちらが機能比較表になります。

    VPG

    簡単に言えば従来タイプ(Type-C/D)に比べて新世代(Type-E/F)は「価格メリット」があり(ユースケースによります) 、また「新しい機能」が使えるという点が異なります。

    価格メリット

    まず閉域網以外の用途に VPG Type-C を使っていらっしゃった方は、VPG Type-E がサポートする VPG の基本機能(後述)で要件を満たす場合には基本料金が 5分の1 となります。

    また現在 VPG Type-D を使って専用線やVPNによる閉域網接続を利用されている場合、VPG Type-F に移行されることで VPG の基本利用料金が 6分の1 となります(※)。

    (※) Type-D 基本料金に含まれていた1本目の VPN 利用料金については、Type-F では1本目から発生する点にご注意ください

    新しい機能

    本日同日リリースとなった SORACOM Peek のご利用やグローバルカバレッジで VPG ランデブーポイント を利用するためにリージョンを指定した VPG の作成、AWS Transit Gateway との閉域接続(Type-F のみ)など、従来の Type-C/D ではお使いになれず、新世代の VPG でのみお使いいただける機能がございます。また今後の機能拡張についても、新世代 VPG でないと実現ができない機能である場合は、既存の VPG Type-C/D ではお使いいただけない場合もありますため、ご注意ください。

    VPG タイプの選び方

    ユースケースにより利用する VPG Type の選び方がこれまでとは変わっています。
    簡単にまとめたのが下記の表になります。

    用途 旧世代 新世代
    (閉域網接続以外の)基本機能(※) VPG Type-C VPG Type-E
    閉域網接続(AWS) VPG Type-C VPG Type-F
    閉域網接続(専用線/VPN) VPG Type-D VPG Type-F

    (※) 閉域網接続以外の用途としては、以下のような機能があります

    • SORACOM Gate D2D (デバイス間通信)
    • VPG アウトバウンドルーティングフィルター
    • VPG 固定グローバル IP アドレスオプション
    • SORACOM Beam/Funnel/Funk のサービス利用料金が無料
    • カスタムDNS、CHAP認証機能の利用料金が無料

    シンプルに「閉域網接続をしない場合には Type-E」「閉域網を利用する場合は Type-F」をご選択いただくとお考えください。

    移行について

    現状、既存の VPG Type-C/D でお使いいただけている機能は全て新世代の VPG でもご利用いただけますので、移行ガイドを参照いただき、VPG Type-E または F への移行をご検討ください。

    最後に

    これまでの VPG は (主に) Canal 用を Type-C、Direct/Door 用を Type-D としていましたが、Type-E/F の E や F は何を表すのでしょうか。

    実はこれについては、答えはありません(笑)。皆さんに使って欲しいという意味で Type-Everybody、おトクに使える Type-Economy。機能が全部のっている Type-FullArmor、最後のタイプとなるかもしれない(?) Type-Final、など、いろいろ想像してみてください。

    サービスの概要を紹介したプレゼン動画を用意しています。ぜひご覧ください:

    実際に使ってみたい方はこちらをご参照ください:

    ソラコム 松井