• 投稿日
  • 「IoTお楽しみ袋」デバイスの使い方ご紹介

    先日 4/20 に行われたソラコムの技術者向けカンファレンス「if-up 2017」で、来場者の方全員にIoTにちなんだデバイスをプレゼントされました

    当日はご協賛いただいたスポンサーからの熱いデバイス紹介LTも開催され、使い方や特徴など盛り上がりました!

    せっかく手に入れたIoTデバイスですから、是非とも活用しましょう!ということで、簡単ではありますが利用方法をいくつかご紹介します

    STマイクロエレクトロニクス / NUCLEO-F411RE

    NUCLEO-F411RE

    ARM Cortex-M4 が搭載されているマイコンです。ボード上にユーザが制御できるLEDやボタンがついてるので、これ一つだけでmbedの開発の雰囲気を感じることができます!

    今回、かなりの方がこの NUCLEO-F411RE を手にしたのではないでしょうか。しかし、この基盤感がなんとも言えず、まだ電源すら入れてない方も多いのではないでしょうか?!
    まずは、どこのご家庭でも転がっている USB mini-Bケーブルを用意して、パソコンとつなげてみましょう!
    すると、まるでUSBメモリディスクのようにNUCLEO-F411REが見えるはずです。ここからmbedプログラミングの道は開けています!

    こちらのページに、オンボードのLEDをチカチカ点滅させる「通称:Lチカ」を行う方法がかかれていますので、やってみてください
    Nucleo-F401RE(mbed)で遊ぶ01: Lチカ
    ※NUCLEO-F401RE向けにはなっていますが、内容は全く同じで大丈夫です

    アルプス電気 / センサネットワークモジュール開発キット

    センサネットワークモジュール開発キット

    BLE(Bluetooth Low Energy)で通信をすることができる4つのセンサーを搭載したIoTセンサーです
    Androidスマートフォンでの活用もさることながら、コマンドガイドが公開されており、gatttoolからでもデータ取得&操作が可能です

    アルプスのセンサネットワークモジュールをラズパイ3と3GPIで使ってみる(其の1 BLEパケット構造解析)を参考にトライしてみてください!

    タブレイン / 3GIM V2.1(3GおよびGPSフレキアンテナ付き)

    3GIM V2.1

    これが当たった方。IoT通信生活を飛躍的に向上させる大チャンスです!
    製品名は「スリー・ジム」と読む、タブレイン社の 3GIM V2.1です

    情報は公式Wikiに集まっており、Arduinoから使う法のほか、Raspberry Piからの利用方法もあり、とても有意義に利用することができます
    しかも!ATコマンドだけでHTTPアクセスが可能ですので、是非ともマニュアル見ながらお試しを。

    メカトラックス / anyPi

    anyPi

    Raspberry Pi本体に3G通信モジュール「3GPI」がついています。本来は別途用意する必要のあるシリアルコンソールも、標準添付されているPiConsole I/FのUSBインターフェイスで入ることができ、面倒な作業なく3G通信を確かめることができます

    別途、温度センサーカメラを用意すれば、もっといろんなことができますよ

    色々な組み合わせは メカトラックスのラズパイIoTスタータキット「anyPi(エニーパイ)」のPiConsole I/Fを使ってみた に掲載されています

    ぷらっとホーム / OpenBlocks IoT BX1

    OpenBlocks IoT BX1

    このボディーにWi-Fi、BLE、そして3G通信まで入っているの?と驚くサイズです
    しかもOSはよくある組み込み系Linuxではなく、素のDebian GNU/Linuxが使われているのもポイント。ログインしてしまうと「あれ?サーバにログインしてたかな?」と疑うくらいの使い勝手です

    マニュアルも完備されているうえ、最初からサポートされているセンサーデバイスの数も多くあります
    ※アルプス電気の「センサネットワークモジュール 開発キット」もサポート済み

    あとがき

    個人的にはNUCLEO推しですが、OpenBlocks IoTの使い勝手も好きです。
    デバイスに触れる機会をもっと増やしていきたい思います

    ソラコム 松下