• 投稿日
  • イベントハンドラーにインポート機能が追加され、作成がより簡単に!

    みなさま、こんにちは。
    イベントハンドラーに新しいUI「テンプレートのインポート」機能を追加しましたのでお知らせします。
    これまでもユーザーコンソールからすべてのイベントハンドラーを作成できましたが、今回の機能追加により、お客様はJSONファイルを用意いただくことでより簡単に素早くイベントハンドラーを作成できます!

    例えば、イベントハンドラーのルールとアクションは共通ですが条件の少し異なるイベントハンドラーをグループやSIMごとに設定する場合、すべて画面から設定すると少し時間がかかってしまいます。
    そこで今回の新機能であるJSONのインポートをお使いいただくと、JSONで実行対象と条件のみ書き換えてインポートすることで素早く設定を完了させることができます。

    インポートの方法

    イベントハンドラー一覧ページに「インポート」ボタンを追加しました。ここからJSON形式のイベントハンドラーの定義を使用して新しいイベントを作成できます。

    JSONフォーマットで定義されたイベントハンドラーを指定しイベントを作成できます。


    インポート後に、ユーザーコンソールからこれまでどおりイベントハンドラーを更新することも可能です。
    JSONのサンプルはAPI によるイベントハンドラーの設定「設定サンプル」にございます。
    また、既存のイベントハンドラーをJSON形式で取得するには、API listEventHandlers や CLIで soracom event-handlers get を使用することができます。API/CLIについては SORACOM API 利用ガイド をご覧ください。また、以下も合わせてご覧ください。

    * インポート機能を使用してイベントハンドラーを作成する
    * イベントハンドラーユーザーガイド

    ぜひご利用ください!

    ソラコム Jay