• 投稿日
  • 新サービス: データ収集を簡単に始められる SORACOM Harvest

    本日(2016-11-30)、ソラコムはアメリカにおけるグローバル SIM の販売を開始しましたが、 もうひとつ大事なリリースがあります。それがこの記事で紹介させていただく新しいサービス、 SORACOM Harvest です。

    SORACOM Harvest

    SORACOM Harvest はソラコムのサービスの中で、もっとも簡単にデータを収集することができます。

    SORACOM Air を使ってデータを収集する場合、今までは以下のような方法がありました。

    • SORACOM Air を使って、直接サーバーへデータをアップロード
    • SORACOM Beam を使って、サーバーのURLや認証情報をソラコムで管理しながらアップロード
    • SORACOM Funnel を使って、特定のクラウドサービスにソラコム経由でアップロード

    どの方法を使うにしても、データをアップロードする先のサーバーまたはサービスをお客様ご自身で用意していただく必要がありました。

    SORACOM Harvest は、お客様の SIM から送信されたデータを SORACOM が受け取って 40 日間保存します。データ保存先をセットアップしていただく必要がなくなりました。また、保存されたデータは API などでいつでも取り出すことが可能です。さらに、特定のフォーマット(JSON 形式)でデータを送信していただくと、グラフとして描画可能な数値データを自動的に判別し、コンソール上でのグラフ表示も行います。

    センサーデータをとりあえずアップロードして確認したい、というようなユースケースにフィットします。

    より長期間のデータを保存したり、解析を行うフェーズになりましたら、SORACOM Beam や SORACOM Funnel の活用をご検討ください。

    SORACOM Harvest Screenshot

    価格はSIM 1枚あたりの基本料金が1日5円で、1日あたり2,000回のデータアップロード料金がバンドルされています。 毎分1回のデータは十分に送っていただけます。2,000回を超えた分は別途リクエストあたりの料金が適用されます。 アカウントあたり SIM 1枚分の基本料金を無料利用枠としてご用意しましたので、この機会にぜひお試しください。

    これからも、お客様の声を元に開発を進めてまいります。

    (サービスの提供内容は投稿時点の内容です。最新情報はサービスページをご確認ください)

    ソラコム 清水 (@pachirel)