• 投稿日
  • デバイス管理サービス SORACOM Inventory のカスタムモデルを16個まで追加できるようになりました。

    みなさま、こんにちは。ソラコムの江木です。
    本日SORACOM Inventoryのカスタムモデルの登録数、カスタムモデルに登録できるリソース数の上限を大幅に増やしましたので、お伝えします!

    そもそもSORACOM Inventoryとは

    SORACOM Iventory はデバイス管理サービスです。SIM や通信の管理とは異なり、IoTデバイスを管理します。

    どんなデバイスを管理するのか?というと、OSがLinuxであるデバイス、加えてJava用のクライアントエージェントが動けば動作します。もちろん、インターネットに接続できることが必要です。

    たとえば、リモートからデバイスやサービスを再起動したり、SORACOM アプリケーションサービスと連携してデバイス側で値に変化があった場合にお客様のサーバーやクラウドサービスにデータを送信することが可能です。

    SORACOM Inventoryのデバイス管理とは

    Inventoryでは、OMA LightweightM2M(LwM2M)と呼ばれるデバイス管理のため軽量の M2M 用プロトコルを利用しています。デバイスとLwM2Mでは定義済みのモデルがあります。(リソースモデルといいます)

    以下のような形式でモデルが定義されています。(↓はソラコムのユーザーコンソールです)

    詳しいモデルの定義は、LwM2M Object Registoryをご覧ください。

    カスタムモデルって?

    LwM2Mでは、LwM2M Registryに多くのリソースが定義されていますが、独自に定義することができます。これをカスタムオブジェクトと呼びます。 カスタムオブジェクトはXML, JSONで定義します。

    これまでカスタムモデルの上限を3つ、1オブジェクトあたりのリソース数を10個までに制限していましたが、それぞれ10個、20個になりました。

    これまで:

    • カスタムモデルの上限を3個
    • 1オブジェクトあたりのリソース数を10個

    今後(本日から):

    • カスタムモデルの上限を16個
    • 1オブジェクトあたりのリソース数を20個

    今回、Inventoryをご利用のお客様からご要望をいただき、当制限を緩和いたしました。
    ぜひ、ご利用ください!そして、ご要望やフィードバックをお待ちしています!

    江木(nori)