• 投稿日
  • エイプリルフールにジョークサービスを作ってみた

    ソラコムの清水です。

    この記事はSoftware Design 誌 巻頭特集記念リレーブログの2日目の記事です。
    「何かやってみた」がテーマになっています。

    今回は、先日のエイプリルフールの取り組みの裏側をご紹介します。

    みなさんご存知のとおり、エイプリルフールはいろいろな企業がアイデアを出して、色々な仕掛けをするお祭りのようなイベントになっています。

    ソラコムにとってはサービス公開後初めてのエイプリルフールなので、せっかくだし何かやりたいね、なんて話を1ヶ月くらい前からしていました。

    結果的に、ソラコムの新サービスとして、SORACOM Greetings と SORACOM Horoscope の2つのジョークサービスをリリースしました。リリースではパートナー企業様に熱いエンドースメント(嘘)をいただきました。クラスメソッドさんのブログでサービスの紹介していただいたり、Twitterで色々な方に取り上げていただいたりして、スタッフも楽しむことができました。

    【新サービス】SORACOM Greetingsを試してみた!
    新JokeサービスSORACOM Horoscopeを分解してみたら、認証サービスの良サンプルだとわかった話

    これらのサービスは、4月19日現在どちらもご利用いただける状態になっています。
    エイプリルフール自体はジョークですが、サービス自体はちゃんと動くものを、とこだわって用意しました。
    ぜひ、一度遊んでみていただければと思います。

    私達がエイプリルフールの準備をする際にこんなことを気をつけていました。

    • 動くプロダクトを出す
    • SORACOM Airを使って参加できる
    • 読んでくれた人を不快にさせない
    • 他の企業や個人に迷惑をかけない
    • 出すなら G 以降の名前をつける(苦行)
    • 自分たちがやってて楽しい

    最初は準備の大変さからリリースだけにしようかなんて案もあったのですが、せっかくやるなら作ろう!ということで、動くものにこだわって準備。結局前日はかなり熱が入った準備をしてしまいました。

    SORACOM Horoscope は、AWS のサーバーレスアーキテクチャを利用して、急なアクセス増にも対応できる構成にしています。実際どれくらいアクセスがくるのか想像がつかないなかで、小さいサービスを作るにはとても便利です。

    Horoscopeはサーバーレスアーキテクチャ

    今回利用した、 API Gateway & Lambda を利用したサービス作成はSORACOM Beam を使用して AWS と接続するで解説しています。

    今回の内容は先日の SORACOM UG #2 で発表させていただいたものです。

    SORACOM UG は SORACOM ユーザーの方々によるLTで、毎回盛り上がっています。ソフトウェアエンジニアもハードウェアエンジニアも楽しく交流できる場になっているように感じています。
    Facebook グループがありますので、次回開催を逃さないように、ぜひチェックしてみてくださいね。

    明日以降のエントリもお楽しみに!