• 投稿日
  • 技術書典7 (く39D) に出展します!本(112P)とカルタを出します

    ども、毎日〆切に追われている “Max” 松下です。

    皆さんは「技術書典」というイベントが9/22(日)に開催されるのをご存知でしょうか?今回、ソラコムのエンジニアを中心として技術書典7に出展いたします!

    技術書典とは?

    技術書典の公式ページには以下のように書かれてます。

    新しい技術に出会えるお祭りです。
    技術書典は、いろんな技術の普及を手伝いたいとの想いではじまりました。
    技術書を中心として出展者はノウハウを詰め込み、来場者はこの場にしかないおもしろい技術書をさがし求める、技術に関わる人のための場として『技術書典』を開催します。

    今回、ソラコムで働いている中から得られた知見を皆さんと共有したいという思いから、エンジニアが「技術組」として集まって同人誌をつくりました。その名も「SORAZINE 技術組 VOL.2019F」です。

    techbookfest.org

    SORAZINE 技術組 VOL.2019F

    いま、皆さんがご覧になっているブログも「SORAZINE(ソラジン)」です。

    ここではIoTやSORACOMのテクノロジー紹介やイベントの出展現場からのレポ ート、ソラコムでの働き方など、ソラコムという会社を身近に感じてもらいたいという思いを発信しています。

    今回の技術書典では、その思いを引き継ぎつつWebメディアを飛び出した形で皆さんにお届けしたいということで「SORAZINE」の名を冠してます。

    頒布物と目次のご紹介

    9/22(日)での頒布物(こういったイベントでは「広くゆきわたらせる品物・資料など」として販売物ではなく頒布物と言うらしい)をご紹介します。

    物理本(新刊)

    IoTにおける温故知新を探求する内容になっています。特集は3つ。

    • ATコマンド大全 / ATコマンドの使い方の基礎から、基本形&`AT+`な拡張まで充実したリファレンス。約60ページにも及ぶ大作!
    • M5Stack + SORACOM Funnel で IoT プロトタイピング / マイコンの能力を大幅に拡大する方法としてクラウド(しかも FaaS と呼ばれるサービス)を活用する手法を紹介。
    • IoTにおける「遠隔操作」概念と実装 / 実は古くから行わている「機器の遠隔操作」を IoT を用いて現代風にするためにはどのような考え方が必要なのか?という事を実装も含めて紹介。

    112ページ、1000円です。100部ご用意しておりますー。

    「ATコマンド」カルタ

    ATコマンドを効率よく学ぶならゲームはどうでしょうか?`ATV` → さて何のコマンド?という遊び方、そのまた逆もできるカルタです。

    ATコマンド大全と共にカルタで、レッツATコマンド!

    1式、1000円です。50式用意しております!

    出展情報

    肝心の出展情報です。

    午前は有料ですが、午後からは無料で入場できるそうです。技術書典のページでご確認ください。

    お時間ある方、池袋サンシャインシティでお会いできれば!

    Max 松下