• 投稿日
  • IoTで働き方改革!工場、物流、店舗での業務をリモート化する「遠隔監視」事例を紹介 <イベント開催レポート>

    こんにちは。広報の田渕です。
    ソラコムは、2021年3月23日に、オンラインセミナー「Hello SORACOM〜IoTではじめる遠隔監視〜」を開催しました。遠隔監視は、遠く離れた現場の状況をリモートから把握する仕組みで、IoT活用でもニーズが高い分野です。ソラコムの最新サービスを使うことで、リーズナブルかつ簡単にはじめることができます。

    ここでは、当社が紹介した遠隔監視の事例と効果的な導入方法、製造現場のIoT活用の知見を持つ株式会社アスコ様による製造業におけるIoT活用についてご紹介します。当日の動画やスライドもご覧いただけますので、自社のIoT活用のヒントとしてお読みください。

    ソラコム:現場業務をIoTでデジタル化、遠隔監視の活用シーン 

    冒頭では、株式会社ソラコム ビジネスプロダクトマネージャーの伊佐 政隆より、IoTによる遠隔監視が効果的な活用シーンをSORACOM活用事例とともに紹介しました。

    食品や医療品の運送時の温湿度管理、商業施設の環境センシングや混雑度把握、ボイラーや空調機器の稼働管理の場面で、遠隔監視が役立っています。IoT活用で成果を得るには、プロトタイプデバイスなどを利用して迅速に「作って試す」ことが有効だと伊佐は述べました。

    【スライド】 【セッション動画】

    ソラコム:遠隔監視で得られる効果とは?2つの導入方法 

    続いて、テクノロジー・エバンジェリストの松下 享平からは、遠隔監視の導入方法を解説しました。

    遠隔監視には大きく2つ方法があります。「直接アクセス型」では、現場の機器に遠隔からアクセスして機器を操作、データを確認します。これにより現場にいく必要がなくなり、時間や地理的な課題を解決、省人化や効率化を実現します。

    次に「データ蓄積型」です。現場の機器からクラウドや自社サーバーにデータ送信、蓄積したデータを可視化します。複数のデータを組み合わせてリアルタイム分析すれば、異常時のアラート通知や、予兆検知にも利用できます。これにより、現場で手作業で行っていた確認業務が不要になり、巡回や記録業務の自動化、予兆検知を実現します。この後紹介しますPUSHLOGはこちらのタイプとなります。

    【スライド】 【セッション動画】

    アスコ様:製造現場に手軽に導入、既存のFA機器をIoT化するPUSHLOG

    設置すればわずか10分で遠隔監視を始められるPUSHLOGを提供する株式会社アスコ IoT事業推進室 室長 杉村 和晃氏が登壇し、製造現場におけるIoT活用をを紹介しました。

    従来、製造現場で使われるファクトリーオートメーション(FA)機器の技術「OT:Operetion Technology」と、情報システムで使われる技術「IT:Information Technology」は異なる技術のため、システムの構築には手間とコストがかかるものでした。しかし、周辺技術の進化により遠隔監視はリーズナブルかつ簡単に、今まで費用対効果があわなかった身近な機器にも導入できるようになっています。

    FA機器の専門家が開発したPUSHLOGは、OTとITの違いをシステム側で吸収し、FA機器やModbus対応のインバータ、電力計などの機器を手軽にIoT化し、稼働状況のログ記録や、異常検知を始められます。通信やデータ変換でSORACOMプラットフォームを利用しています。

    PUSHLOGを活用するお客さま事例

    杉村氏は、実際にPUSHLOGによる遠隔監視を導入した企業では、「定期巡回の廃止」「手書きを自動化」「オペレーターの手間削減」などの効果があったと紹介しました。

    【スライド】 【セッション動画】

    PUSHLOGは株式会社アスコから購入できるほか、IoTソリューションが月額サブスクリプションで利用できる「IoT SELECTION connected with SORACOM」でも提供されており、月額6,490円(税込)で気軽にお試しいただけます。

    遠隔監視を自作で試せる IoT DIY レシピ

    ソラコムでは、活用シーン毎に必要となる機材一覧と、デバイス開発からクラウド連携までのステップ毎の手順を解説する「IoT DIYレシピ」を無料公開しています。本レシピで利用する機器は、IoTデバイス通販サイト「SORACOM IoTストア」で1台から購入可能です。

    IoT DIY レシピ「IoTで遠隔機器にセキュアにアクセスしたい」では、IoTゲートウェイ「ピセロ AK-130」を利用し、SORACOMのセルラー通信を用いて、遠隔地に設置されたデバイスに安全にリモートアクセスする方法を解説します。実際に手を動かして学ぶことが学習の近道です。遠隔監視を試したい方は、ここから始めてみてはいかがでしょうか?

    次回開催セミナーのテーマは「AIカメラ」

    事例を通じてIoTプロジェクトの進め方をご紹介するオンラインセミナー「Hello SORACOM」は、次回2021年4月22日(木)14:00から、AIカメラをテーマに開催します。ご関心をお持ちの方はウェブサイトからお申し込みください。

    ソラコムでは、この春IoTをはじめる方向けのイベントを多数企画しています。ご関心お持ちのイベントがあれば、ぜひご参加ください。詳細はイベントページをご覧ください。

    ソラコム 田渕