• 投稿日
  • SORACOM Summer Challenge 2020 成果物のご紹介と成果発表会のご案内

    こんにちは。SORACOM エンジニアリングチームの川上 (@moznion) です。

    ソラコムではSORACOM Summer Challenge 2020 という学生限定のオンラインハッカソンイベントを開催しました。
    イベントは約10日間という短い中、IoTプラットフォームSORACOMを最大限に活用いただき「次代を担うIoTプレイヤー」の柔軟なアイデアを実際に形にし、成果を見せ合うコンテストです。
    本記事では参加された学生の皆様の成果物のご紹介と成果発表会のご案内をいたします。

    「ファイナリストによる成果発表会」のご案内

    提出いただいた作品はソラコム内の厳正なる審査を経て、特に興味を引いた4作品を「ファイナリスト」としてノミネートしました。
    そして「ファイナリストによる成果発表会」で制作者自身からプレゼンテーションしていただき、制作の背景や工夫した点、注目ポイントなどを解説いただき、その場で最終審査、そしてグランプリを発表していきます。

    審査員はソラコムのエンジニアやマーケティング等から構成されます。技術面の良さや実用性、ユーモアといった部分も見ていきたいと、皆意気込んでおります!
    この成果発表会ですが、IoT事例としても役立ちそうだという事で、YouTube ライブでの配信を決定しました!

    SORACOM Summer Challenge 2020 ― 成果発表会

    時間内容
    13:00オープニング
    13:05成果発表①:HOSAKAさん
    HAGUKUMU 「ラズパイ」と「スプレッドシート」で全自動水耕栽培器をつくって女の子にTwitterで実況しながら栽培してもらう
    13:25成果発表②:Taikiさん
    IoTを駆使してお年寄りの家を見守る「だけじゃない」システム
    13:45成果発表③:Gakumi Reoさん
    1万円で作るSORACOM LTE-M Button Plusで冷蔵庫を用いた見守りシステム
    14:05成果発表④:Ryota Murakamiさん
    SORACOM Summer Challenge 2020避難所における感染症の拡大を抑止するシステムの開発
    14:25グランプリ選考
    14:40グランプリの発表
    14:45クロージング
    タイムテーブル

    SORACOM Summer Challenge 2020 レギュレーションの振り返り

    ここではおさらいとして、SORACOM Summer Challenge 2020 のレギュレーションを振り返ります。

    「SORACOM プラットフォームのサービスを利用している」という条件を満たした IoT システムを2週間で構築していただきました。
    また、システムの構築にあたり、GPSマルチユニットSORACOM EditionSORACOM LTE-M Button Plus をソラコムから提供いたしました。これについては使っても使わなくてもよい、というルールでチャレンジいただきました。

    成果物一覧とファイナリストのご紹介

    それでは、参加者の方から提出いただいた「SORACOM Summer Challenge 2020」の成果物の一覧です。
    タイトルに🎉 emoticon が付いているものがファイナリストとして選出された成果物となります。

    SORACOMのGPSマルチユニットを使ってデータをカスタマイズしてみる

    SORACOMのデバイスでプロトタイプを2つ作ってみた

    『成果報告』2020年夏soracomインターンー混雑を可視化するだけのアプリ制作『したかった』ー

    🎉 「HAGUKUMU」サービスまとめ記事

    🎉 【成果報告】SORACOM Summer Challenge 2020~避難所における感染症の拡大を抑止するシステムの開発~

    SORACOM Summer Challenge はみがきチェッカー

    SORACOMのデバイスとArduinoを用いて省エネIoT機器を作った。

    🎉 1万円で作るSORACOM LTE-M Button Plusで冷蔵庫を用いた見守りシステム

    Soracom Summer Challenge2020に参加しました!(結果報告)

    SORACOM Summer Challenge 2020参加体験記【ソーシャルディスタンシングバッジ拡張】

    🎉 IoTを駆使してお年寄りの家を見守る「だけじゃない」システムを作った【SORACOM Summer Challenge 2020】

    SORACOM Summer Challenge 2020で不快指数通知デバイスを作った


    以上となります。

    成果発表会をお楽しみに!

    大変面白い IoT システムのアイデアが高い完成度で形になっていて、非常に感動しました。
    ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

    いわゆるビジネス的なIoTとは少し異なる、「次代を担うIoTプレイヤー」による珠玉のIoT作品をライブで見る事ができるチャンスとなります。視聴は無料ですので、お気軽にご視聴ください!

    • SORACOM Summer Challenge 2020 ― 成果発表会

    ― ソラコム “Moz” 川上