• 投稿日
  • WindowsやRaspberry Piに対応した、LTE通信モデム「SORACOM Onyx LTE USBドングル」を提供開始

    みなさんこんにちは。IoTデバイスが大好きな、ソラコムの松下 (ニックネーム: Max) です。

    本日(3/2)より、LTE対応USBドングル型モデム「SORACOM Onyx LTE USBドングル」の提供を開始しました。ここでは、特徴や使い方などをご案内いたします。

    SORACOM Onyx LTE USBドングル

    SORACOM Onyx LTE USBドングルの概要と利用シーン

    「SORACOM Onyx LTE USBドングル」 (以下、Onyx (読みはオニキス)) は、パソコン等でLTE通信ができるようになるUSBアダプタです。
    Onyxを使うことで、Wi-Fiや有線LANといった通信環境が無い現場や外出先からでもインターネットを通じてクラウドを利用できたり、SORACOMサービスとの組み合わせでセキュアなリモートアクセスができます。

    このような特徴から、Raspberry Pi といった小型コンピュータに取り付けてセンサーデータをクラウドで活用したり、LTEの高速通信を活かしたリモートデスクトップによる現場のパソコンの操作といったシーンにご利用いただけます。

    OnyxをRaspberry Piやパソコンに取り付けている様子

    SORACOM Onyx LTE USBドングルの使い方

    OnyxはUSBポートに直接挿して使います。アンテナを内蔵しており、電源はUSBポートの電力を使用します。あとはOnyxにSIMを入れていただくことで、LTE通信が開始できます。
    サポートOSは Windows と Linux(含 Raspberry Pi OS)となっています。OnyxにはSIMは添付されないため、SIMをお持ちでない場合は同時にお求めください。

    各OSでのセットアップ方法や、SIMの取り付け方は Getting Started / Onyx で SORACOM Air を使用する をご覧ください。

    Onyxが対応しているSIM(サブスクリプション)とサイズ

    Onyxが対応しているSIM(サブスクリプション)は以下の7つです。

    • SORACOM 特定地域向け IoT SIM
      • plan-D (日本国内向け / NTTドコモ回線)
      • plan-K (日本国内向け / KDDI LTE回線)
      • plan-DU (日本国内、大容量アップロード向け / NTTドコモ回線)
    • SORACOM IoT SIM
      • plan01s (世界140の国と地域で利用可能 / 日本国内ではNTTドコモ回線)
      • plan01s-LDV (月額 約45円で利用可能な少容量向け / 日本国内ではNTTドコモ回線)
      • planP1 (APACで有利となる料金 / 日本国内ではSoftbank 3G/LTE回線)
      • planX1 (日本国内での利用で有利な料金 / 日本国内ではKDDI LTE回線)

    それぞれ特徴がありますが、まず日本国内でお使いいただくのであればSORACOM 特定地域向け IoT SIM / plan-D のSMS無し(データ通信のみ)が、費用面でおすすめです。

    共通の注意点は、Onyxが対応しているSIMのサイズは「ナノ」となります。お求めの際には必ず確認ください。
    なお、SORACOM IoT SIMは “3 in 1” というサイズとなり、これにはナノサイズが含まれています。

    Onyxの価格、ご注文方法

    本日から提供開始となったOnyxは、商品ページもしくは SORACOMユーザーコンソールの “発注メニュー” からご注文いただけます。

    価格は以下の通りです。

    オンラインで1つからご購入いただけます!

    IoTデータ通信 “SORACOM Air” をもっと活用できる設定やサービス

    Onyxで利用できるIoTデータ通信サービス “SORACOM Air for セルラー” は、これだけでも便利ですが、SORACOM Airの設定や、他のSORACOMサービスと組み合わせることで、より便利・安全にに活用いただけるので、ご紹介します。

    SIMに名前やタグを割り当てて、通信量や費用の内訳をわかりやすく

    SIMの管理が行えるSORACOM ユーザーコンソールでは、SIMに名前やタグ(管理情報)を自由に割り当てることができます。この情報を付けることで通信料金の確認の際に、Onyxがどの程度利用したのかをすぐに確認いただくことができます。
    企業でお使いいただく際に、特に有用な情報となりますので設定する事をお薦めします。

    SIMへの「名前」や「タグ」を割り当て

    名前・タグの設定方法は ユーザーコンソールの操作 / 名前の変更、タグの設定 をご覧ください。
    また、設定した名前・タグと課金情報の関係は 課金詳細情報CSV / CSVファイルの構造 をご覧ください。

    名前・タグの設定機能は、無料でお使いいただけます!

    通信量に応じたアクションを設定して、使いすぎを通知する

    SORACOMは従量課金です。そのため「使い過ぎないか心配」「予算を超えないようにしたい」といったお声をいただくことがあります。SORACOM Air 監視機能は、こういった課題を解決する機能です。

    この監視機能を利用することで、通信事業者のような「月間2GBプラン」を自分で設定いただけます。以下の図は、このような設定をSORACOMユーザーコンソールで設定している様子です。

    • 通信量が68MB/日を超えたら、メールで通知 (68MB/日 = 2048MB/月)
    • 通信量が2GB/月を超えたら、メールで通知 + 通信速度を一番遅い速度へ制限
    自分だけの「月間2GBプラン」を、SORACOM Air 監視機能で設定

    監視機能の設定方法は ユーザーコンソールの操作 / データ通信量の監視 をご覧ください。
    また、イベントハンドラ機能を利用すれば、より高度な設定も行えます。イベントハンドラ機能も併せてご確認ください。

    監視機能とイベントハンドラ機能は、共に無料でお使いいただけます!

    Onyxで通信している機器の大まかな位置を知る

    位置情報というのは、一般的にはGPSによって取得するものですが、SORACOMプラットフォームではSORACOM Airによる通信をしているデバイスの “おおまかな位置” を知ることができます。これは通信時のセルラーネットワークの基地局の位置を基にしており、デバイスにGPSモジュールが無くとも位置情報を得ることができるのです。

    この機能を利用することで、例えば機器の設置先の把握などに利用いただけます。

    位置情報はSORACOMユーザーコンソールのSIM管理画面の下部に表示されている他、APIでも取得できます。

    SIMのおおまかな位置情報をSORACOMユーザーコンソールで確認

    機能の詳細や精度、利用に関する注意事項は ユーザーコンソールの地図情報でSIMの詳細を確認できるようになりました! 並びに 基地局の位置情報を取得できる API を公開しました! をご覧ください。

    位置情報は、無料でご覧いただくことができます!

    Onyxに取り付けたSIMが転用されても通信ができないようする

    SORACOMのIoT SIMはIoT機器だけでなく、スマートフォン等でもご利用いただけます。そのため、Onyxに取り付けたSIMを抜き出して、他の機器で使用することも可能です。
    IMEIロック機能は、SIMから利用できる通信機器(モデム)を固定する機能です。

    この機能を利用することで、例えば、現場のパソコンに挿してあるOnyxからSIMを取り出して、スマートフォンで通信するといった目的外の利用を防止できます。

    IMEIロックの設定画面

    Onyx等のモデムには世界でユニークなID “IMEI” が設定されています。IMEIロック機能とは、SIMからの通信時に使われているIMEIが、あらかじめ設定したIMEIと一致した時のみ通信を可能とする機能です。IMEIは通信機器の本体で確認できる他、SORACOMユーザーコンソール上でもセッション詳細(ログ)で確認いただけます。IMEIロック機能の使い方は ユーザーコンソールの操作 / SIM が利用できるデバイスを固定(IMEI ロック) をご覧ください。
    また、IMEIロック機能で設定したモデムとは異なる通信を、ログやイベントハンドラ機能で知ることができます。こちらの機能は IoTデバイスの不正利用リスクに対応する SORACOM Air の IMEI ロック機能がエラーログに対応しました! と、IoTデバイスの不正利用リスクの検知を容易に!SORACOM Air の IMEI ロック機能がイベントハンドラーに対応しました! をご覧ください。

    IMEIロック機能は、無料でお使いいただけます!

    Onyxを取り付けたパソコンに、遠隔からセキュアにアクセスする

    SORACOM Airを利用しているデバイスは、3G/LTEといったセルラーネットワークの閉域網、そしてSORACOMプラットフォームによってインターネットから保護されます。
    このような堅牢なセキュリティを維持したまま、インターネット側からOnyxを取り付けたパソコンへ、セキュアにアクセスできるサービスが「オンデマンド リモートアクセス SORACOM Napter」です。

    SORACOM Napterを利用することで、リモートデスクトップやSSH、VNCといった遠隔制御で利用されているツールや、TCPアプリケーションによるリモートアクセスが可能です。

    OnyxとSORACOM Napterの組み合わせでセキュアなリモートアクセス

    具体的な方法は SORACOMをリモートアクセスに活用するアーキテクチャー例 をご覧ください。
    また、SORACOM Napterの費用については こちら をご覧ください。SORACOM Napterは無料利用枠がありますので、お気軽にお試しいただけます!

    OnyxとSORACOM NapterによるリモートデスクトップのIoTレシピを公開

    ソラコムでは、IoTで解決したいことや実現したいことを「SORACOM IoT DIY レシピ」として無償公開しており、即戦力のIoTの活用やシステム構築を行っていただけます。

    Onyxの提供開始に伴い、リモートデスクトップのIoTレシピを公開しました。Onyxとパソコンの組み合わせで始められます、是非お試しください!

    おわりに ~ Onyxの解説イベントのご案内

    今回ご紹介した「SORACOM Onyx LTE USBドングル」は、USBポートを持つWindowsパソコンやLinuxシステムを手軽にIoT化する方法の1つとなります。

    この「IoT化の方法」の勉強会が 3/17 開催の「SORACOM Device Meetup」 です。

    3/17の SORACOM Device Meetupは「ラズパイやJetsonで使えるIoT通信」と題して、小型のコンピュータのIoT化の方法を学びます。Onyxの紹介や便利な活用法に加え、USBドングル型モデムの種類や、Raspberry Pi等に直接取り付けることができる通信ボードの解説を通じて、IoT化の選択肢や知見を共有するイベントです。

    是非ご参加ください!

    • SORACOM Device Meetup #2 ~ラズパイやJetsonで使えるIoT通信~
      • 日時:3月17日(水) 19:00~21:00 (懇親会21:30まで)
      • 参加方法:Zoom (ご登録いただくとイベント当日に接続情報をご案内いたします)
      • 参加費:無料
      • ご参加方法:IT勉強会・イベントサイト 「connpass」 の SORACOM Device Meetup #2 のページでご登録ください

    ― ソラコム “Max” 松下 / Twitterやってます、フォローはお気軽に!