• 投稿日
  • SORACOM Lagoon 新機能紹介 – アラート編

    こんにちは、Customer Reliability Engineer (CRE) の三國です。
    先日ブログにて発表された 2021 年 4 月 27 日に予定される SORACOM Lagoon のアップデートについて、新機能を紹介します。発表のブログについてまだご覧になっていない方は、是非ご一読ください。

    お客様から頂いた要望に合わせた新機能の紹介

    SORACOM Lagoon はこれまでもお客様からのご要望に合わせて機能を拡充してまいりました。今回のアップデートでも同じく、お客様からのご要望に対応する新機能がございますので、特に要望が多かったものにフォーカスして紹介します。

    前回のブログでは「可視化」にフォーカスした新機能を紹介しました。

    当ブログでは特に「アラート」にフォーカスし、いただいたご要望でも特に多かった以下 2 つについて、どのような新機能で対応されるかを紹介します。

    1. アラートのリマインダが欲しい
    2. アラート回復時の OK メッセージをなくしたい

    SORACOM Lagoon アラート機能の特⻑

    新機能の紹介をする前に、あらためて SORACOM Lagoon のアラートについて特長を確認します。

    メールや Slack、LINE へ通知

    SORACOM Lagoon では通知先にメール・Slack・LINE といった各種サービスを選択できます。たとえば距離センサーを用いて人が近づいたことを確認する場合、以下の画像のようなアラートをメール送信できます。通知を送ることにより、受け取った方へ行動を促すことができます。

    メールで送信されたアラートの例

    柔軟なアラート設定

    SORACOM Lagoon ではしきい値や評価範囲・評価条件など柔軟な設定が可能です。また、設定はコーディングなしにすべてブラウザ上で完結します。

    アラート作成のデモ

    アラートに関する要望とそれに応える新機能

    そんな SORACOM Lagoon のアラートについて、よくいただいたご要望をベースに新機能を紹介します。

    アラートのリマインダが欲しい: リマインダ機能

    重要なアラートを送る際など、アラート状態が継続している間中ずっと通知を受け取りたい場合があります。しかし、今までの SORACOM Lagoon では一度アラートが解決状態にならないと次の通知を送信できませんでした。

    新しい SORACOM Lagoon ではリマインダ機能が実装されます。リマインダの送信有無や送信頻度を設定できます。

    リマインダ機能

    リマインダ機能により、対処されるまでアラートを送信し続けられます。

    リマインダを受け取っている様子

    アラート回復時の OK メッセージをなくしたい: 回復メッセージの無効オプション

    アラートを活用するシナリオにおいて、回復時のメッセージが不要な場合もあります。たとえば、ボタンクリックを通知したいような場合です。しかし、今までの SORACOM Lagoon では通知を無効とはできませんでした。

    新しい SORACOM Lagoon では回復メッセージの無効オプションが実装されます。これにより、不要な通知を抑止できます。

    回復メッセージの無効オプション

    まとめ + イベントのご案内

    新しい SORACOM Lagoon のアラートについて、以下 2 つのアップデートを紹介しました。新しいバージョンの SORACOM Lagoon に是非ご期待ください。

    • アラートのリマインダが欲しい: リマインダ機能
    • アラート回復時の OK メッセージをなくしたい: 回復メッセージの無効オプション

    最後にイベントのご案内です。IoT データの可視化にこれから挑戦してみたいという方、取り組みを本格化したいと考えている方に向けた勉強会イベントを 5 月に企画しています。

    ここでは Lagoon の活用はもちろん、その他ツールの活用も含めた可視化への取り組み事例を共有いただきます。ぜひお申し込みください。

    SORACOM IoT Meetup

    イベント名:SORACOM IoT Meetup ~ 現場のデータを集めたその先へ ~
    開催日時:​​​2021年5月13日(木)19:00~21:00
    開催方法:Zoomウェビナー(オンラインセミナー)
    対象:IoTのデータ活用や可視化に関する事例を知りたい方、これからIoTプロジェクトを検討されている方、IoTデバイスから得られたデータ活用を考えている方
    事前申し込み制・参加費無料 / こちらのページからお申込みいただけます