• 投稿日
  • SORACOM Lagoon 新機能紹介 – 操作性編

    こんにちは、Customer Reliability Engineer (CRE) の三國です。
    先日ブログにて発表された 2021 年 4 月 27 日に予定される SORACOM Lagoon のアップデートについて、新機能を紹介します。発表のブログについてまだご覧になっていない方は、是非ご一読ください。

    お客様から頂いた要望に合わせた新機能の紹介

    SORACOM Lagoon はこれまでもお客様からのご要望に合わせて機能を拡充してまいりました。今回のアップデートでも同じく、お客様からのご要望に対応する新機能がございますので、特に要望が多かったものにフォーカスして紹介します。

    当ブログでは特に「操作性」にフォーカスし、いただいたご要望でも特に多かった以下 3 つについて、どのような新機能で対応されるかを紹介します。今後「可視化」「アラート」などにフォーカスした新機能もブログで紹介する予定です。

    1. 可視化の種類を後から変更したい
    2. 1 つのパネルに複数データを表示したい
    3. どのパネルからも CSV ダウンロードしたい

    SORACOM Lagoon の操作性の特長

    新機能の紹介をする前に、あらためて SORACOM Lagoon の操作性について特長を確認します。

    ブラウザ操作での柔軟な可視化・通知設定

    SORACOM Lagoon はオープンソースソフトウェア (OSS) の Grafana をベースにしており、ブラウザの操作で可視化や通知を設定できます。

    ブラウザ操作での柔軟な可視化

    IoT デバイスのデータをすぐに可視化できる

    SORACOM Lagoon を使う大きな利点として、SORACOM Harvest 上のデータやファイルをすぐに可視化できる点があります。お客様は SORACOM Harvest Data へデータを送信し、ブラウザ上で数クリックするだけで自由に可視化できます。可視化に必要な準備は SORACOM プラットフォームが担います。

    操作性に関する要望とそれに応える新機能

    そんな SORACOM Lagoon の操作性について、よくいただいたご要望をベースに新機能を紹介します。

    可視化の種類を後から変更したい: パネル作成体験のアップデート

    たとえば一度 Graph パネルを作ってみたものの、後から Heatmap や Table に変更したい、といったことがあります。
    今までの SORACOM Lagoon ではパネルを作成する前に可視化の種類を設定していたため、後からの変更はできませんでした。

    新しい SORACOM Lagoon ではパネル作成後に、編集画面で Visualization (可視化の種類) を変更できるようになります。以下のデモ動画のように、パネル作成の体験がアップデートされます。

    パネル作成体験のアップデート

    SORACOM Lagoon Classic では「Graph パネル」「Table パネル」といった呼び方をしていました。一方で新しい SORACOM Lagoon では後から可視化の種類を変更できるため、厳密には「XX パネル」という呼び方は正確ではありません。しかしながら、分かりやすさの観点から今後も通称として「XX パネル」という呼び方を継続していきます。

    1 つのパネルに複数データを表示したい: Table 形式のデータフォーマット・Transformation 機能

    数ある SORACOM Lagoon の可視化の種類でも Singlestat は見栄えが良いと評判です。こちらを利用した時、パネル上に複数のデータを表示したい、といった要望をよくいただきました。しかし Singlestat ではデータのフォーマット上、サポートできていませんでした。

    新しい SORACOM Lagoon では、全てのパネルで Table 形式のデータフォーマットをサポートします。これによって、複数データが表示できるようになります。

    Table データフォーマットをサポート

    データフォーマットには、1 つずつ系列を選択する Standard 形式、Map パネルにおいて緯度経度を選択する Map 形式もあります。Table パネルでのみ Table 形式のデータフォーマットをサポートしていたのが、今回のアップデートにて全てのパネルで扱えるようになりました。

    先ほどの画像のままでは不要な情報も表示されています。そこで表示される情報を加工するための新機能も利用します。

    新しい SORACOM Lagoon では、Transformation 機能でデータ加工をサポートします。Transformation 機能ではデータのフィルタリングやデータ順の並び替えといった加工が可能です。

    Transformation 機能

    Table 形式表示や Transformation 機能を利用しているデモ動画も紹介します。Transformation にはここで紹介しきれないたくさんの加工の種類があります。

    Table フォーマットと Transformation 機能

    新しい SORACOM Lagoon では Singlestat パネルが Stat または Gauge パネルとなります。

    どのパネルからも CSV ダウンロードしたい: Inspect 機能

    SORACOM Lagoon のユースケースの中でも、Table パネルからの CSV ダウンロードは人気です。これに伴って、他のパネルからも CSV で生データを見られないかという要望をよくいただきました。

    新しい SORACOM Lagoon ではパネルの種類によらず、Inspect 機能で CSV ダウンロードをサポートします。デモ動画ではパネルのメニューに「閲覧 (View)」「編集 (Edit)」に加えて「Inspect」のある様子がわかります。

    Inspect 機能による CSV ダウンロード

    まとめ + イベントのご案内

    新しい SORACOM Lagoon の操作性について、以下 3 つのアップデートを紹介しました。

    • 可視化の種類を後から変更したい: パネル作成体験のアップデート
    • 1 つのパネルに複数データを表示したい: Table 形式・Transformation 機能
    • どのパネルからも CSV ダウンロードしたい: Inspect 機能

    今後「可視化」「アラート」などにフォーカスした新機能もブログで紹介する予定です。新しいバージョンの SORACOM Lagoon に、是非ご期待ください。

    最後にイベントのご案内です。IoT データの可視化にこれから挑戦してみたいという方、取り組みを本格化したいと考えている方に向けた勉強会イベントを 5 月に企画しています。

    ここでは Lagoon の活用はもちろん、その他ツールの活用も含めた可視化への取り組み事例を共有いただきます。ぜひお申し込みください。

    SORACOM IoT Meetup

    イベント名:SORACOM IoT Meetup ~ 現場のデータを集めたその先へ ~
    開催日時:​​​2021年5月13日(木)19:00~21:00
    開催方法:Zoomウェビナー(オンラインセミナー)
    対象:IoTのデータ活用や可視化に関する事例を知りたい方、これからIoTプロジェクトを検討されている方、IoTデバイスから得られたデータ活用を考えている方
    事前申し込み制・参加費無料 / こちらのページからお申込みいただけます