• 投稿日
  • GPSの位置情報とBLEセンサーを簡単にクラウドへ中継できる「ビーコン対応GPSトラッカーGWスターターキット」販売開始!

    こんにちは、ソラコムのテクノロジー・エバンジェリスト松下(ニックネーム: Max)です。

    本日より、BLE(Bluetooth Low Energy)センサーを簡単にクラウドへ接続できるゲートウェイ(中継)デバイス「ビーコン対応GPSトラッカーGW」と、すぐお使いいただけるBLEセンサーが3個同梱されたセットを販売開始しました!

    ビーコン対応GPSトラッカーGW

    ビーコン対応GPSトラッカーGWとは

    ビーコン対応GPSトラッカーGWとは、位置測位(GPS)/BLEゲートウェイ機能/充電式バッテリー/LTE-M通信を内蔵しているIoTデバイスです。単体でGPSトラッカーデバイスとして利用したり、BLEセンサーと組み合わせてデータをクラウドに送るゲートウェイとしても利用いただけます。

    ビーコン対応GPSトラッカーGW、2通りの使い方

    ビーコン対応GPSトラッカーGWのLTE-M通信はSORACOMプラットフォームに最適化されており、あとはデバイス設定を行っていただくだけでSORACOMサービスやクラウド連携を開始いただけます。

    • APN(アクセスポイント名)が設定済み
    • データ送信先が設定済み

    ビーコン対応GPSトラッカーGWは防水防塵、そして落下といった耐衝撃に対する性能があり、動作温度も-20℃~+60℃と利用できる環境がとても広くなっています。また、SORACOM 特定地域向け IoT SIM(plan-D データのみ nanoSIM)が1枚同梱されるので、お手元に届いたらすぐ使い始めることが可能です。

    防水防塵、耐衝撃などの詳細な仕様は商品ページをご覧ください。

    中継可能なBLEセンサーの種類

    ビーコン対応GPSトラッカーGWのBLEゲートウェイ機能は、BLEの「アドバタイズ信号(ビーコン)」の中継が可能です。

    BLEからのデータ送信には様々なモードがあります。その中でもアドバタイズはBLEセンサーから一定の周期で周囲にデータが発信される形式で、その様子から「ビーコン」とも呼ばれることがあります。ビーコン対応GPSトラッカーGWは、そのアドバタイズで発信された信号を受信してクラウドに送信することができます。

    標準対応しているBLEセンサーは以下の通りです。

    • エレックス工業 EDAMP-2BA101 / 8種のセンサー(温度、湿度、加速度、地磁気、気圧、照度、UV、iBeacon) 電池タイプ
    • エレックス工業 EDAMP-4NA101 / 8種のセンサー(温度、湿度、加速度、地磁気、気圧、照度、UV、iBeacon) 外部電源タイプ
    • オムロン 2JCIE-BL01 / 7種のセンサー(温度、湿度、照度、UV Index、気圧、騒音、iBeacon) 電池タイプ
    • オムロン 2JCIE-BU01 / 7種のセンサー(温度、湿度、照度、気圧、騒音、3軸加速度、eTVOC) 外部電源タイプ
    • サンワサプライ MM-BLEBC5 / 2種のセンサー(加速度、iBeacon) 電池タイプ
    • サンワサプライ MM-BLEBC7 / 3種のセンサー(温度、湿度、iBeacon) 電池タイプ
    • ティアンドデイ TR4シリーズ / 2種のセンサー(温度(TR41, TR45)、温度(TR42) 電池タイプ
    • ティアンドデイ TR71wb / 1種のセンサー(温度) 電池、外部電源タイプ
    • ティアンドデイ TR72wb / 2種のセンサー(温度、湿度) 電池、外部電源タイプ
    • ティアンドデイ TR75wb / 1種のセンサー(温度) 電池、外部電源タイプ
    • ユニ電子 UNI-01-B002 / 2種のセンサー(温度、湿度) 電池タイプ
    • ユニ電子 UNI-01-C003 / 2種のセンサー(温度、湿度) 電池タイプ
    • ユニ電子 UNI-01-D004 / 1種のセンサー(水温) 電池タイプ
    • ユニ電子 UNI-02-A001 / 1種のセンサー(CO2) / 電池、外部電源タイプ
    • ユニ電子 UNI-06-A001 / 1種のセンサー(アナログ入力) / 電池タイプ
    • iBeaconフォーマット

    1つのビーコン対応GPSトラッカーGWでは、最大で24のセンサー情報を中継できます。
    また、これらのBLEセンサー以外でも、設定用ツール「キッティングツール」にてフォーマット設定を行うことでデータの中継が可能となります。設定画面については本ブログのAppendixをご覧ください。

    標準対応BLEセンサーの一覧はGPSトラッカーキッティングツール1.0.0.6時点のものです。
    また、中継可能な情報数はBLEセンサーの台数とは異なります。例えば1台の温湿度BLEセンサーから温度と湿度2つの情報を受信したい場合は、2情報分使用することになります。

    ビーコン対応GPSトラッカーGWを使い始める

    ここからは、ビーコン対応GPSトラッカーGWの使い始めを画像でご紹介します。
    より詳細な手順はビーコン対応GPSトラッカーGW Getting Startedをご覧ください。

    SIM をSORACOMに登録して、ビーコン対応GPSトラッカーGWに挿入する

    まずはお手元に届いたビーコン対応GPSトラッカーGWに添付されているSIMを、SORACOMユーザーコンソールで登録します。SORACOMユーザーコンソールの [SIM登録] から [注文から登録] でビーコン対応GPSトラッカーGWのご注文を選択いただくと、登録が完了できます。

    SIMの登録

    続いて、登録したSIMをビーコン対応GPSトラッカーGWに挿入します。
    側面のフタを開けて赤いトレーを取出し、その上にSIMを乗せたら、赤いトレーごとビーコン対応GPSトラッカーGWに入れます。最後にフタをして完了です。

    SIMの挿入

    赤いトレーを使わず直接SIMを入れることは、故障の原因となりますまた、赤いトレーを無くさないように気をつけてください。

    Windows PC と接続して、キッティングツールで設定する

    ビーコン対応GPSトラッカーGWをWindows PCと接続したら、キッティングツールを実行してGPS、もしくはBLEセンサーの設定を行います。最後に [端末へダウンロード] をすることで、ビーコン対応GPSトラッカーGWに設定が書き込まれ、使い始めることができます。

    Windows PCへ接続

    充電ならびに設定書き込みに利用する USB Type-C ケーブルは別途ご用意ください。(USB Type-C ケーブルは、後述の温湿度BLEセンサー同梱モデルには添付されます。)

    GPSトラッカーキッティングツールの様子

    キッティングツールのダウンロードは商品ページをご覧ください。
    このツールはPCにインストールしてお使いいただくタイプのもので、対応OSはWindows 10(64bit)です。同OSが動作するPCをご用意ください。

    「温湿度BLEセンサー同梱モデル」もご用意!

    ビーコン対応GPSトラッカーGWをBLEセンサーのゲートウェイとしていち早くご利用いただくことができる「温湿度BLEセンサー同梱モデル」もご用意いたしました。

    ビーコン対応GPSトラッカーGWスターターキット(BLE温湿度センサー3個セット)

    BLEセンサーは「サンワサプライ 温度・湿度センサー搭載BLEビーコン MM-BLEBC7」です。キッティングツールで標準対応していますので設定も容易です。センサーは3個入りですので、3箇所からの温湿度データをビーコン対応GPSトラッカーGWで受信し、クラウドで活用いただけます。

    BLEセンサーの測定可能な温度は-40℃~+60℃、また、防水防塵性能も備えているのであらゆる場所の温湿度を取ることができます。金属などでBLEの電波が遮断されないような環境であれば、例えば冷蔵庫といった密閉空間の情報も取得できます。

    冷蔵庫内の温度を取得している様子

    実際にお試しいただく方に向けて、今回の販売に併せて冷蔵庫内の温度を計測するIoT DIY レシピを公開しました。
    このレシピの中では、データをいち早く活用できるダッシュボード作成・共有サービス「SORACOM Lagoon」のテンプレートがあり、1~2時間程度で3点の温度データを可視化いただけます。是非お試しください!

    IoT DIY レシピ「IoTで冷蔵庫・冷凍庫の温度監視」

    価格、ご注文方法

    本日から発売開始となったビーコン対応GPSトラッカーGWスターターキットは、それぞれの商品ページもしくはSORACOMユーザーコンソールの “発注メニュー” からご注文いただけます。

    価格は以下の通りです。

    ※価格は税抜き、送料別です。

    「ビーコン対応GPSトラッカーGW」をご紹介するオンラインイベントのご案内

    ビーコン対応GPSトラッカーGWスターターキットをもっと詳しく知りたい方のために、オンラインイベントをご用意しております。
    その名も「SORACOM Device Meetup」です。仕様や利用方法の解説から、使ってみた方からの発表も予定しております。参加無料ですので、是非ご参加ください!

    • SORACOM Device Meetup #1 〜IoTデバイスお披露目会〜
    • 日時:2月9日(火) 19:00~21:00 (懇親会21:30まで)
    • 参加方法:Zoom (ご登録いただくとイベント当日に接続情報をご案内いたします)
    • 参加費:無料
    • ご紹介予定のデバイス (2デバイス):
    • ご参加方法:IT勉強会・イベントサイト 「connpass」 の SORACOM Device Meetup #1 のページでご登録ください

    あとがき

    ビーコン対応GPSトラッカーGWは、GPSの位置情報やBLEセンサーを簡単にクラウドとつなげることができるデバイスです。こういったものを通じて、お客様のIoT導入のハードルを下げ、そしてIoT活用を加速させるお手伝いを続けていければと考えております。是非、このデバイスでアイデアを形にしてみてください!

    ― ソラコム “Max” 松下 / Twitterやってます、フォローはお気軽に!

    Appendix: 標準対応以外のBLEセンサー設定画面

    キッティングツールが標準対応していなくとも、アドバタイズタイプのBLEセンサーであれば設定することで、ビーコン対応GPSトラッカーGWでデータ受信が可能な場合があります。キッティングツールでは以下のパラメータが設定可能となっています。お手持ちのBLEセンサーの仕様をご確認の上でご判断ください。

    キッティングツール / 標準外BLEセンサーに対する設定画面

    ビーコン対応GPSトラッカーGWはペアリングが必要なBLEセンサーや、ビーコン対応GPSトラッカーGWからの要求に応じてデータ発信するタイプのアドバタイズ信号には対応していません。また、設定値などについてはサポート外となります。