• 投稿日
  • SORACOM Funnel で AWS Kinesis Streams を利用するときのオプションが追加されました

    現状、SORACOM Funnel 経由で AWS Kinesis Streams にデータを送信する場合の Partition Key (どのシャードに振り分けられるかに影響するキー)は、ご利用の SORACOM Air SIM の IMSI または LoRa device ID に固定されていました。これは、もともと SORACOM Air SIM が 1 IoT デバイスに対応するユースケースを元に設計されていたためです。

    このたび、複数の IoT デバイスを SORACOM Air に接続されたゲートウェイのネットワーク内に配置し、高頻度にデータを送信するユースケースでご利用いただいているお客様からのご要望を受け、この Partition Key をリクエスト毎にランダムな値に設定するオプションを導入いたしました。これにより、同一の SIM からデータを送信された場合でも、お客様の Kinesis Streams のシャードにデータが分散されるようになりました。

    注意事項として、このオプションを有効にすると SIM / LoRa デバイス単位でのデータの順序保証ができなくなりますので、あらかじめご了承下さい。

    この設定はユーザーコンソールならびに、API から設定いただけます。

    これからも、ユーザー皆様の声を大切に、機能開発を進めてまいりますので、ご期待ください。

    ソラコム 清水